MSPブログ

2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

タグクラウド

MONOist Rainbow Spin (Seven prismatic colors) アルマイト アルミ地金 NSPルール アルミ地金ジャパン・プレミアム アルミ建材 アルミ押出し形材 インコネル コストダウン提案 コマ大戦土俵 Mobile mini BLACK or WHITE ショットブラスト シリコンゴム シリコーンゴム テクニカルショウヨコハマ2016 バフ研磨 ヒートシンク プレス加工 ホットチャンバー方式ダイカスト マグネシウム マグネシウム合金 ロストワックス 全日本製造業コマ大戦 切削加工 切削条件 営業活動 外観仕上げ 少ロット 少ロットアルミ押出し材 心技隊 押出材ヒートシンク 旋盤加工 染色アルマイト 消失型鋳造法 熱伝導率 真鍮 硬質アルマイト 硬質クロムめっき 箱根駅伝 金属表面処理 鏡面ラッピング加工 開眼!必勝だるまコマ 開運だるまコマ まさる君 電解研磨 黄銅 LME(London Metal Exchange)

10月2019

事務所移転のお知らせ

2019年10月吉日

平素は当社の営業活動に多大なるご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。

この度の台風19号により被災されました皆様が、一日も早く平常を取り戻される事を心よりお祈り申し上げます。

 

この度、弊社は業務効率の改善を目的として下記に事業拠点を移すこととなりました。

皆様には、登録の変更などで大変お手数をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜わりますことを心よりお願い申し上げます。

現状に甘んじず常に業務効率の改善を図り、今まで以上に皆様のお役に立てる様に従業員一同日々精進致しますので、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

(移転日時)

移転作業日     2019年11月15日(金)~16日(土)

※勝手ながら休業とさせていただきます

新事業所営業開始  2019年11月18日(月)

※通常営業致します

※15日朝より通信回線を遮断し、移転作業を行います。

当日お急ぎの場合は、ご不便をお掛け致しますが各担当の携帯電話までご連絡願います。

(現行)

〒230-0051神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-32-21

マエダ中央ビル7F

電話  045-633-1056

FAX  045-633-1051

(移転先)

〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町633-1

メゾンベルファーレ103


※最寄り駅は、横浜市営地下鉄 北新横浜駅(改札より徒歩4分:300m)

※来客用駐車場も御座いますので、お車でもお気軽にお立ち寄り下さい。

 

電話・FAX・ホームページURL・メールアドレスに変更は御座いません。

 

御社規定の移転申請書等が御座いましたら、各担当にお申し付け下さい。

以上

株式会社エムエスパートナーズ

代表取締役   伊藤 昌良

16期目がスタートします

(代表取締役 伊藤昌良より)
2004年4月1日創業、同年11月1日に決算期を9月末と定め設立し、早いもので15期目を終えることが出来ました。
ノロマなMSPの歩みを支えて頂きましたすべての皆様に心より感謝申し上げます。

本日より、16期目がスタートします。

今まで以上に社員ともども、皆様のお役に立てるよう微力を尽くし精進してまいります。

 

MSPの存在価値はどこにあるのかを真剣に考えれば考えるほどに「設備にとらわれない方法で、加工技術を選択できる」事を背景にした提案型営業だと思います。

ローテクと呼ばれる汎用技術を上手に活用できる営業スタイルも、この数年でだいぶ深化して来たのではないかと思います。

提案の中に「ローテクを忍び込ませる」事で普通にコスト競争力の高い見積りが出せたりするので、より一層磨きを掛けて行くのは当然ですが、そのローテクを保有する協力会社との連携強化も大切な取り組みだと思います。


MSPの営業スタイルに見た目の格好良さは必要ありません。

営業だけでなく、手も汚し愚直にモノづくりの中でいい仕事をするために働く。

アルミ押し出し材の小ロット対応、櫛形ヒートシンク、切削加工(マシニングセンタ、旋盤)、表面処理、組み立て、ネジ、ゴム、樹脂、バネ・・・
幅広い加工法を組み合わせつつ、ASSY工程を社内に取り込んだり、最後のちょっとした仕上げ工程を担うことで複数社で加工した部品の品質合わせを行ったり。

本当に些細な事ですが、右から左だけでは生み出せない付加価値を追求していきます。

 

重ねてになりますが、本日を迎えられたことは全ての皆様に支えられて来たお陰であると思っております。

これまで賜りました御恩は、存続し続けることで少しずつお返しして行く所存ですので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

初心を忘れず、心新たに16期目スタートです!