MSPブログ

2019年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

タグクラウド

MONOist Rainbow Spin (Seven prismatic colors) アルマイト アルミ地金 NSPルール アルミ地金ジャパン・プレミアム アルミ建材 アルミ押出し形材 インコネル コストダウン提案 コマ大戦土俵 Mobile mini BLACK or WHITE ショットブラスト シリコンゴム シリコーンゴム テクニカルショウヨコハマ2016 バフ研磨 ヒートシンク プレス加工 ホットチャンバー方式ダイカスト マグネシウム マグネシウム合金 ロストワックス 全日本製造業コマ大戦 切削加工 切削条件 営業活動 外観仕上げ 少ロット 少ロットアルミ押出し材 心技隊 押出材ヒートシンク 旋盤加工 染色アルマイト 消失型鋳造法 熱伝導率 真鍮 硬質アルマイト 硬質クロムめっき 箱根駅伝 金属表面処理 鏡面ラッピング加工 開眼!必勝だるまコマ 開運だるまコマ まさる君 電解研磨 黄銅 LME(London Metal Exchange)

事務所移転のお知らせ

2019年10月吉日

平素は当社の営業活動に多大なるご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。

この度の台風19号により被災されました皆様が、一日も早く平常を取り戻される事を心よりお祈り申し上げます。

 

この度、弊社は業務効率の改善を目的として下記に事業拠点を移すこととなりました。

皆様には、登録の変更などで大変お手数をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜わりますことを心よりお願い申し上げます。

現状に甘んじず常に業務効率の改善を図り、今まで以上に皆様のお役に立てる様に従業員一同日々精進致しますので、引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

(移転日時)

移転作業日     2019年11月15日(金)~16日(土)

※勝手ながら休業とさせていただきます

新事業所営業開始  2019年11月18日(月)

※通常営業致します

※15日朝より通信回線を遮断し、移転作業を行います。

当日お急ぎの場合は、ご不便をお掛け致しますが各担当の携帯電話までご連絡願います。

(現行)

〒230-0051神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-32-21

マエダ中央ビル7F

電話  045-633-1056

FAX  045-633-1051

(移転先)

〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町633-1

メゾンベルファーレ103


※最寄り駅は、横浜市営地下鉄 北新横浜駅(改札より徒歩4分:300m)

※来客用駐車場も御座いますので、お車でもお気軽にお立ち寄り下さい。

 

電話・FAX・ホームページURL・メールアドレスに変更は御座いません。

 

御社規定の移転申請書等が御座いましたら、各担当にお申し付け下さい。

以上

株式会社エムエスパートナーズ

代表取締役   伊藤 昌良

16期目がスタートします

(代表取締役 伊藤昌良より)
2004年4月1日創業、同年11月1日に決算期を9月末と定め設立し、早いもので15期目を終えることが出来ました。
ノロマなMSPの歩みを支えて頂きましたすべての皆様に心より感謝申し上げます。

本日より、16期目がスタートします。

今まで以上に社員ともども、皆様のお役に立てるよう微力を尽くし精進してまいります。

 

MSPの存在価値はどこにあるのかを真剣に考えれば考えるほどに「設備にとらわれない方法で、加工技術を選択できる」事を背景にした提案型営業だと思います。

ローテクと呼ばれる汎用技術を上手に活用できる営業スタイルも、この数年でだいぶ深化して来たのではないかと思います。

提案の中に「ローテクを忍び込ませる」事で普通にコスト競争力の高い見積りが出せたりするので、より一層磨きを掛けて行くのは当然ですが、そのローテクを保有する協力会社との連携強化も大切な取り組みだと思います。


MSPの営業スタイルに見た目の格好良さは必要ありません。

営業だけでなく、手も汚し愚直にモノづくりの中でいい仕事をするために働く。

アルミ押し出し材の小ロット対応、櫛形ヒートシンク、切削加工(マシニングセンタ、旋盤)、表面処理、組み立て、ネジ、ゴム、樹脂、バネ・・・
幅広い加工法を組み合わせつつ、ASSY工程を社内に取り込んだり、最後のちょっとした仕上げ工程を担うことで複数社で加工した部品の品質合わせを行ったり。

本当に些細な事ですが、右から左だけでは生み出せない付加価値を追求していきます。

 

重ねてになりますが、本日を迎えられたことは全ての皆様に支えられて来たお陰であると思っております。

これまで賜りました御恩は、存続し続けることで少しずつお返しして行く所存ですので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

初心を忘れず、心新たに16期目スタートです!

 

 

講演レジュメの叩き台

 

 

以前行ったある講演レジュメの叩き台を公開・・・

 

 

 

 


「アルミ押出形材」ってなに?

業界の方でも知らない方が多いのですから、一般の方は、普通にそう思うでしょう。

しかし、日本人なら誰もが毎日のように目にしているんですよ!

多くの人が、手に触れている可能性が非常に高いんです。

そんな身近にあるのに、よく知られていない加工法が「アルミ押出形材」なんです。


みなさんの身近な製品「アルミサッシ」が、この工法で製作されているんですよ。

ビルの外壁や、電車の荷棚にも使われています。

大型トラック荷台のアオリにも使われています。

新幹線の構造材や、自動車のバンパーだったりカメラの三脚や、オフィスのパーテーションの枠だったり

本当に多種多様な場所に利用されています。

パソコンのCPUを冷却する為に使われるヒートシンクなんかもあります。

毎日のように触ってませんか?

周りを見渡して、探してみて下さい。

街なかでも必ず目に触れるものです。

 

アルミ押し出しは、アルミの成形性がいい特徴を活かした量産効果の高い素晴らしい工法です。

しかし、素晴らしい半面デメリットもあります。

大前提として、金型投資が必要になります。断面積の小さな形状で、最低でも25万円以上必要です。

業界の常識で言えば最低ロット300kgを求められます。

切削加工に比べれば精度が出にくい。

代表的なA6063と言う合金は、強度がさほどない。

などの欠点もありますが・・・

これを凌駕するレベルでのメリットが多数あるので、みなさんが気が付かないうちに手の取るくらい普及しています。


こんな素晴らしい工法を持っろ少ないロットで利用したいと言う声にお応えして対応しているのがMSPなんです。

押し出し設計未経験の方でも、希望の形状や使い勝手をご教示頂き、対応可能な形状をご提案する事も可能です。

・切削品をもっと低コストにしたい

・板金加工品を集約して効率化を図りたい

・デザイン的に押し出しでカバーを作りたい

様々なご要望を頂き、一つ一つご検討させて頂いております。

アルミ押し出し材でお困りの方は、お声掛け下さい。

個人様でも対応しています。

個人事業主の方が他では相手にされなかったと言ってMSPにご連絡いただくケースは多いんです。

法人でも個人でも、ものづくりをしている事に差はありません。

デザイナーやクリエイターの方が沢山いらっしゃいます。

素材だけではなく、二次加工やアルマイトに塗装、簡易的な組付けまで一括で対応致します。

正式図でなくても結構です。

製作可能な形状を一緒に作り上げましょう。

まずは、お気軽にお声掛け下さい。

<a href=”http://mspjpn.com/” target=”_blank”>株式会社エムエスパートナーズのホームページ http://mspjpn.com/</a>

ホームページをご覧いただき、問い合わせフォームからでも構いませんし、お電話でも構いません。

一緒に楽しいものづくりをしましょう。

ご連絡お待ちしております。

 

 

これをベースに、アルミ押し出し材未経験者へ30分間でアルミ押し出しの魅力を伝えました。

地道にこう言う活動もしながら、アルミ押し出し材を利用する方を増やして行ければなと思っています。

 

ご注意下さい!

いつも、弊社サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

弊社名、住所、電話番号を悪用した詐欺サイトが開設されております。

このサイトに、弊社は一切の関わりはございません。
メールアドレスも @mspjpn.com 以外のドメインは利用しておりません。

くれぐれもご注意願います。


鶴見警察署への被害届を提出
詐欺サイトのサーバー管理会社への削除依頼
詐欺サイトへの通告
詐欺サイトドメイン契約者への通告
Googleへ詐欺サイトとして通報

等々の対応をさせて頂いております。


万一にでも、弊社名を騙った詐欺サイトで被害に遭われてしまった方がいらっしゃれば、速やかに最寄りの警察署へ被害届を提出下さい。

弊社で発見したサイトのキャプチャを貼り付けておきます。

このサイト以外にも、弊社名を無断で利用しているサイトが有ればご教示願います。

※ヤフーショッピングでは「MSPJPN」と言うショップをオフィシャルで開設しております。



 

 

 

 

弊社の情報以外は、あえて伏せさせて頂きました。

 

万一にでも、この詐欺サイトで被害に遭われた方がいらっしゃればお見舞い申し上げます。

弊社としても、引き続きこのサイトを削除すべくあらゆる対抗手段を講じてまいります。

被害に遭われた方は、必ず警察への被害届をご提出頂ますよう、よろしくお願い申し上げます。


株式会社エムエスパートナーズ

代表取締役  伊藤 昌良

 

15期目の朝

 

10月1日月曜日 おはようございます。
本日より弊社は、15期目に入ります。
これまでの道のりは、決して楽なものではありませんでした。
しかし、その道の途中にはその時々で叱咤して頂ける諸先輩方や、共に苦しい道を歩んでくれた社員や仲間がおりました。
今日という日を迎えられたのは、全ての皆様から戴けました暖かな真心があっての事と心より感謝申し上げます。

人生に例えるならば、15歳は義務教育を終了する歳になります。
義務教育期間最終年を、さまざまな学びを得ながら無事に卒業する為、社員一同より一層業務に邁進する所存です。

「製造業のお役に立てる会社を創りたい」との想いで創業した2004年4月1日。
その気持はこれからも揺らぐことはありません。
製造業を取り巻く環境が劇的に変化しておりますが古き良き技術と最新の技術を融合させながら、「弊社がこの仕事に関わる価値はあるのか?」と言う気持ちを忘れず、新たな価値を付加し続けられるよう、これからも小さくとも確実な一歩を歩み続けて行きたいと思います。

今後とも皆様からのご指導ご鞭撻を賜りますよう、協力会社の皆様に置かれましては引き続き変わらぬお付き合いを賜りますよう伏してお願い申し上げます。

心して15期目をスタートさせていただきます。

株式会社エムエスパートナーズ
代表取締役  伊藤昌良

 

アルミヒートシンクならMSPへお問い合わせ下さい

 

年明け早々から、ヒートシンクに関するお問い合せを多数戴いております。
一例を申し上げますと、アルミ押し出しを利用した設計をされておりました。
断面幅が300mm近くあり、そのまま生産すると金型の投資費用が180万円近辺になると思われる形状です。
生涯ロットを確認させて頂きました所、500個程度だろうと言うお話でした。
このお話をベースで計算しますと金型償却費用で3600円/個となります。
一度金型を作ってしまうと設計変更も容易ではありません。
あらゆる前提条件を踏まえ、MSPからは標準の櫛形ヒートシンクと板金部品の組み立てで部品を作成する案を提示させて頂きました。
総コストはさほど開きがなく、初期投資の必要がなく、設計変更の自由度がアップするメリットがあります。
現在お客様にご検討頂いておりますが、好感触を得ております。
この様に、MSPではお客様が最終的に望まれる要件を加味しながら様々な提案をさせて戴いております。
ヒートシンクの調達でお困り事がありましたら、是非一度お問い合わせ下さい。
長年の知見を踏まえた上で、最適なご提案をさせて戴きます。


皆様からのお問わせをお待ち申し上げております。気軽にご連絡下さい。

 

 

(お問い合わせ先)
営業担当 : 坪谷・伊藤
HP http://mspjpn.com/
mail sales@mspjpn.com
電話 045-633-1056

 

 

謹賀新年

 

謹賀新年

新年明けましてあめでとうございます。

旧年中は、ひとかたならぬご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。

皆様におかれましても、天候にも恵まれ健やかな年明けを迎えられたのでは無いかと推察しております。

 

 

無事2018年を迎えられましたのも、ひとえに皆様のご好意の賜物と心より御礼申し上げますと共に、より一層皆様のお役に立てる営業スタイルを目指して精進して参ります。

 

 

MSPの2018年の目標を一文字で表すシリーズで「歩」を選択しました。
※画像をクリックすると、GIF動画となります。

 

参考までに、2017年は「断、」2016年は「生」、2015年は「道」、2014年は「進」でした。

それぞれの年に、それぞれの言葉を胸に進んでまいりました。

2018年のMSPは今年も次のステージに向け、ニッチな世界で着実な一歩を踏み出します。

素材調達、二次加工、表面処理、組付けでアルミ押し出し材に関わる全てのワンストップで対応させて戴くだけでなく 、その周辺部品にご利用されている加工部品も含め、より積極的に受注活動を展開して参る所存です。

MSPの優秀な協力会社のポテンシャルを最大限活かす為、より一層の学びが必要と考えております。

この業界で歩み続けるためには、常に新し事を学び続ける事で皆様から必要とされる様にしてまいります。

 

創業15年目を迎える時期になっても、貧乏暇なしに変わりはありません。
15年目も一所懸命頑張りますので皆様からの暖かいご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。


末筆となりましたが、皆様のご健康とご多幸、商売繁盛をお祈り申し上げます。


株式会社エムエスパートナーズ
代表取締役  伊藤昌良

 

アルマイト

 

ゴールドアルマイト

アルマイト加工


環境保護の観点で「廃液処理管理」が厳しくなり、設備更新の問題で採算が取れないと判断し廃業するアルマイト屋さんが後を絶たないですね。

20年前に比べ、超零細も入れたら1/3くらいに激減しているのではないでしょうか?

「駄物用のアルマイト屋さんを紹介して欲しい」と言う問い合わせも増えてきてます。

新規の問い合わせでも、アルマイトまで一貫してお願い出来る取引先を探しているがなかなか見つからないと言う声が多くなりました。


部品加工をメインに取り扱うMSPからすると、最終工程である表面処理屋さんは大切な協力会社の中でも、その存在感を増して来ています。

ネットで探せない協力会社さんとどれだけ繋がれるか?

そこが、MSPの存在価値であり大切な資産だと思ってます。

その資産を上手にお使い戴ける様に、様々な工法を組み合わせ最適なご提案をさせて頂く事で、総合的なコストメリットを感じて戴ける体制の構築をこれからも継続してまいります。

 

(お問い合わせ先)

営業担当 : 坪谷・伊藤
HP http://mspjpn.com/
mail sales@mspjpn.com
電話 045-633-1056


お急ぎの場合は、遠慮なくお電話下さい!

アルミ押し出し材を扱った事がない

 

アルミ押出材 LED照明用サポート

アルミ押出材 LED照明用サポート

 

 

 

「アルミ押し出し材を、扱ったことがないんです」

「アルミ押し出し材を、設計したことが無いんです」

 

「それでも、お願いしても大丈夫でしょうか?」

 

ご安心下さい、モチロン大丈夫です!

 

 

 

皆様から数多くのお問い合わせを戴き、誠にありがとうございます。

アルミ押出形材を活用する事は総合的な工数軽減に繋がる場合が多く、他の工法に比べ比較的安価な初期投資で済む為、コストダウン効果が高い工法だと確信し、皆様がご活用戴きやすくする為、MSPでは様々なお手伝いをさせて戴いております。

お問合わせの中には、アルミ押し出し材を扱った事がなく不安なままお問い合わせ戴くご担当者様も多くいらっしゃいます。


でもご安心下さい、設計に不慣れと仰られる方に当社では以下のようにお願いして情報を戴きながら、お客様のご希望を最大限盛り込んだ方向での立ち上げをお手伝いさせて戴きます。

 

・まずお客様がご希望される形状を、そのまま確認させて下さい

→ 製作可否を検討するため

・その形状でどんな機能を持たせたいか?

→ 機能性の付加、軽量化の提案のため

・意匠箇所など、外観に注意する場所はないか?

→ 表面注意個所の設定と、押出し下面の設定のため

・表面処理はどうするか?

→ コストダウンのために、長尺処理が可能か検討するため

・生涯使用量と一回の調達量の設定は?

→ 小ロット対応が必要な場合にアルミ押出しメーカーを選定するため

・納入先

→ 二次加工があれば、輸送費コストを考慮し加工先選定のため

 

このような情報を基に、形状の最適化を計りアルミ押し出しメーカーの選定を行います。

アルミ押し出しメーカーを選択したら、そのアルミ押し出しメーカーで対応可能な形状を考慮して見積り依頼をします。

 

設計に於ける簡単なポイントを幾つか上げさせて戴きます。

・左右対称形状に近い方が良い

・肉厚は均一な方が良い

・最低肉厚は1.2mm以上を希望される事が多い

・極端に狭い隙間は苦手

・精度が0.5mm以下を希望する箇所があるなら要確認

 

アルミ押し出し型材は、500℃近い熱間工程を経て成形されるので、切削加工のような高精度な寸法公差は対応できません。

しかし、アルミ押し出しの特性を活かした設計を行い、精度の必要箇所は2次加工で仕上げる事も可能です。

 

設計変更による活用例もあります

・複数部品を一体化して組立て工数を減らす

・意匠面をアルミ押し出し材でカバーさせ、別部品だったヒンジ等を削減する

・放熱効果を利用し、ヒートシンク形状で放熱機能を持たせた筐体部品設計を行う

・タッピングホール形状を活用しタップ穴の作業工程を削減する

・生産ロットが増えてきたのでブランク形状で押出材を作り、切削量を減らす

・板金部品を押し出し材に置き換える

・生産量減少に伴う、鋳物・ダイキャストからの置き換え

・肉厚の最適化を計り、軽量化に利用する

・量産は海外生産だが、開発は国内で行いたいので試作でアルミ押出し材を作りたい

 

また、よく聞かれるお話の代表例としては

「ロットの問題で躊躇してます」

と言うことです。

 

業界を見渡せば最低ロット300kg以上と言う定石があり、対応の良いメーカーでも100kg無いと駄目ですなどの要求が来ます。

設計の方が高付加価値の部品を設計しても、それを支える素材が調達できずに困っているご苦労を伺っております。

それを踏まえ、お客様のニーズを必死に訴えながら、メーカーを説得し続け特別な協力体制をを引き出し、MSPではロットの概念を壊す事に成功しました。

材質、形状諸々の条件は有るのですが、ロットの問題で他社で断られてMSPに駆け込まれたお客様には、お喜び戴ける結果を残し続けております。

 

「小ロットで出来るのは判った!でも、機能的な検証をする為の試作はどうするればいいのか?」

もちろん、そんなケースもございます。

その際には、あらゆる加工工法の中から最適な工法を選択して、検証にご利用戴ける部品を作成もお任せ下さい。

 

「表面処理もお願いしたいんだけど・・・」

お安い御用です。ご希望の色をご指定下さい。

対応可能な工法でご提案させて戴きます。

 

ワンストップ体制を構築しておりますので、どの様なご希望でもご提示下さい。

 

「設計力を製品開発に活かせないのは、製造業界全体にとって機会損失!」

と考えるMSPは業界の常識に真っ向から戦いを挑みます。

お客様と共に、最適な生産体制を構築する為のお手伝いをさせて戴きます。

 

アルミ押し出し形材の調達でお困りな方は、是非ともお問い合わせ下さい。

きっとお役に立つことが出来ると自負しています。

 

(お問い合わせ先)

営業担当 : 坪谷・伊藤
HP http://mspjpn.com/
mail sales@mspjpn.com
電話 045-633-1056

 

 

 

 

 

 

 

アルミ押し出し材の長尺NC加工


お疲れ様です。代表の伊藤です。
「アルミ押し出し材の小ロット対応」で検索いただき、引き続きお問い合わせを多数頂いております。
素材だけの調達ではなく二次加工に表面処理まで含めたお問い合わせも多く、多くの協力会社様にご協力を戴きながら見積り作業をさせて戴いております。
最近増えているお問合わせは、長尺材のNC加工に関するお問い合わせです。
弊社の協力会社では、5Mまでの長尺材を加工できる設備を複数保有しており、様々なニーズに対応させて戴いております。
材料支給での加工依頼も多く、需要が伸びてきている事を実感します。
アルミ押出形材の長尺NC加工でお困りの際には、是非ともお声がけ下さい。
きっとお役に立つことが出来ると自負しています。
(問い合わせ先)

営業担当 : 坪谷 ・ 伊藤
HP http://mspjpn.com/
mail sales@mspjpn.com
電話 045-633-1056