MSPブログ

2022年7月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

タグクラウド

MONOist Rainbow Spin (Seven prismatic colors) アルマイト アルミ地金 NSPルール アルミ地金ジャパン・プレミアム アルミ建材 アルミ押出し形材 インコネル コストダウン提案 コマ大戦土俵 Mobile mini BLACK or WHITE ショットブラスト シリコンゴム シリコーンゴム テクニカルショウヨコハマ2016 バフ研磨 ヒートシンク プレス加工 ホットチャンバー方式ダイカスト マグネシウム マグネシウム合金 ロストワックス 全日本製造業コマ大戦 切削加工 切削条件 営業活動 外観仕上げ 少ロット 少ロットアルミ押出し材 心技隊 押出材ヒートシンク 旋盤加工 染色アルマイト 消失型鋳造法 熱伝導率 真鍮 硬質アルマイト 硬質クロムめっき 箱根駅伝 金属表面処理 鏡面ラッピング加工 開眼!必勝だるまコマ 開運だるまコマ まさる君 電解研磨 黄銅 LME(London Metal Exchange)

放熱性能向上の提案

今回はヒートシンク案件でのお問い合わせを頂きました。

「サイズは大きく出来ないけど性能を向上させたい」

と言うご要望です。

材質を純アルミ系にすれば性能は上がるけど、その前に出来ることはまだあります。

現行品を活かした単純工法を提案しました。
お客様の社内で検討した結果

「テストをしてみたい」
と連絡があったので、GW明けから取り掛かります。

 

MSPには、30年以上積み重ねてきた様々な工法に対する経験と知見があります。

 

ヒートシンクと言っても、様々な方法で作られます。

 

アルミ押し出し材を活用した櫛形ヒートシンク

アルミや銅の板を利用した放熱板タイプ

鋳物やダイカスト工法で作るヒートシンク

ブロックから削り出す工法のヒートシンク


各工法の美味しい所が使える様に提案するのが、MSPの仕事です。

設計初期段階よりお手伝いさせて頂くことにより、その美味しい部分を最大限活かし無駄なコストを排除してメリットのある調達に結び付けて頂きたいと思っております。

 

ヒートシンクに限らず、MSPでは各工法に美味しい部分を利用して頂きたいので積極的に使用環境などを確認させて頂きます。

「他の商社はそんな事聞いてこないよ!」とお叱りを受けることもありますが、右から左に流すだけの仕事をするつもりはないので、お叱りを受けても聞くようにしております。

 

そんな面倒臭い系の技術商社で良ければ、お困りごとをご相談下さい。

様々な工法の協力会社とタッグを組み、必ずお役に立てる提案が出来ると思います。

 

お問い合わせをお待ちしております。

 

============

担当 : 坪谷

電話 : 045-633-1056

Mail : sales@mspjpn.com

============

 

 

我欲と見栄を越えて

おはようございます。代表の伊藤です。

いつもとは投稿内容とか趣旨が違うのですが、書き進めて見たいと思います。

 

週末にいろいろな構想を練る中で、むかし言われた大先輩の言葉を思い出しました。

このブログを読んで頂ける方には、経営者の方が沢山いらっしゃるのでシェアしたいと思いました。

創業間もない頃、自分の目標みたいな話をしていた時に言われた言葉です。

===============

「その投資に、我欲や見栄が入ってないか?」

これさえ忘れずに判断すれば、大きな失敗はしないで済む。

売上を生み出す為の建物は投資だけど、見栄えを気にして建てる工場は我欲。

今まで出来なかった加工をする為の設備は投資だけど、新しいおもちゃが欲しいのは我欲。

荷物を運ぶのに必要な車は投資だけど、見栄え格好を気にして乗る車は我欲。

投資に失敗した会社を沢山見て来たけど、失敗した根本原因は経営者の「見栄」と「我欲」にあると思う。

見栄は自分の収入の範囲内で張ればいい。

会社の金を使って見栄を張って、投資に失敗したら駄目になって当然だって子供だって判るだろ。

見栄の車が欲しくなったら注意しろ、きっと心に油断が入り込んでるサインだから!

「好事魔多し」ってことだ。自分じゃどうにも出来ない外的要因もそんな時に襲ってくるもんだ。

どんなに儲かっても、中古で満足出来る生活にしとけ!

調子に乗る手前で自分にブレーキ掛けられるから・・・

失敗を沢山した経験者の意見は聞いとくもんだぞ!

===============

 

この話をして頂いた大先輩は既に鬼籍に入られ、今頃は自分の好きな研究を続けている事でしょう。

この大先輩が言ってたことを私なりに解釈すれば以下の様になります。

 

・費用対効果を常に意識しろ

・見栄で稼げる仕事はない

・我欲で得られる信頼はない

・慢心のバロメーターを持て

・モノで自分の価値を上げるな

 

という事なのではないかと思っています。

 

18年間で1度だけ、営業車で新車を買ったことがあります。

いま思い出せば、あの時は調子に乗って慢心してました。

大先輩の金言は正解し、車を買った翌年にリーマン・ショックです。

 

新車じゃないと見栄えが悪いのもその通りですが、新車を買って受注が増えればいいです。

一般的に増えるのは固定費負担で、利益を圧迫します。

いまでは、故障なく5年乗れる安い中古車と言うのが車選びの基準になりました。

 

仮にですが、300万円する車を、5年10万キロで乗り換えた場合に発生する経費を積算したら・・・

1km車を走らせるのにかかる費用は、全部コミコミで大雑把に45円/km位かかります。

今回は車で例えてみましたが、その他にも同じ様に計算できる経費は沢山あります。

 

 

さてさて、今回の投資は見栄や我欲は無いだろうか?

自分自身と向き合って決断したいと思います。

あっ!車を買うんじゃないですよ(^_^;)

 

くだらない忘備録みたいな投稿にお付き合い頂きありがとうございました。

引き続き、弊社をよろしくお願い申し上げます。

 

代表の伊藤でした。

 

2022年度スタート

2022年4月1日 本日より新年度スタートです。

MSPにとっては、創業19年目のスタートとなります。

創業以来、厳しい環境は変わりませんが、現在の状況は過去に類を見ない厳しい外部環境となっています。

資源の高騰、円安、半導体不足による生産量の低下、先の見えない世界情勢・・・

そんな中でも「なにか出来ることはある!」と、社員ともども常に前を向いて日々の業務に邁進し、厳しいながらも業績を落とさずに頑張っていられるのは、お客様は当然のこと、協力会社の皆様にも大きなサポートを頂けているからだと思っております。

コロナ禍が始まり厳しい時期もありましたが、新たな融資を受けず今日までやってこれたことは、社員が真剣にお取引様と向き合い、新しい事にチャレンジし、幅広い業務を担ってくれたお陰です。

そんな社員の頑張りに報いることが出来る様に、これからもお客様のお困りごとはもちろん、協力会社のお困りごとも微力ながらお手伝いできる会社でい続けたいと願っております。

小さな組織だから出来る動きを最大限活かし、先ずは創業20年を目指し一歩一歩前に進みたいと思います。

MSP創業時に掲げた「製造業の役に立ちたい」と言う気持ちを忘れず、これからも社名の由来となった

Multi(マルチ:多様な)

Supply(サプライ:供給)

Partners(パートナーズ:仲間)

に恥じないよう、協力会社様のお力添えを賜りながらとはなりますが、お客様のご要望にお応えすべく精進を重ねて参りますので、引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

代表取締役 伊藤昌良

 

アルミ押し出し材とCFRP異型パイプ

2022年もすでに2月を迎え、コロナ禍でも素材の高騰に対応すべく慌ただしく毎日の業務に追われています。

設計に関する依頼も安定的にご依頼頂け、技術商社としてものづくりを縁の下で支えられていると実感できる今日このごろです。



今日は、あるお客様より頂いたお問い合わせに関するお話です。

 


「アルミパイプで大型フレームを作成したいが強度面が問題になっており、強度改善の為に断面形状で解決できないか?」

 

と言うお話を、ホームページを通じて頂きました。

「アルミ押し出し材の小ロット対応」と言うキーワードがヒットしたようです。

 

詳しくお話を伺い検討を重ねたった結果、断面形状で強度をアップさせてもご要望の満足させられない事がわかりました。

 

そこで、コスト面に問題があることは前提として・・・

 

「CFRP(カーボン)製ではダメですか?」と提案してみました。

 

アルミ押し出し材で異型の素材を作成し、それを金型としてカーボンを巻いて強度をアップさせる方法があります。

様々なケースがあるので、一概にどれだけの効果が出るかは安易に答えられないのですが、重量を抑えながら確実に強度をあげられます。

 

複雑な形状には対応できませんが、強度面でお困りの場合には一つの解決策になる可能性があります。

 

参考までに

CFRPとは、「Carbon Fiber Reinforced Plastics」の略称で、「炭素繊維強化プラスチック」です。

樹脂を炭素繊維に染み込ませ強化することで、樹脂単体よりも高い強度や剛性を得ることが出来ます。

CFRPが多く利用されているのは
ロボットアーム、ETCゲートバー、搬送装置用ローラー、回転シャフト、釣り竿、航空宇宙部品
など様々な分野で利用されています。

 

アルミ押し出し材とCFRPの複合材を設計し利用するのは簡単な事ではありませんが、MSPではお客様の困ったを解決できる一つの提案になると考えております。

アルミ押し出し材を利用しているが、たわみ量が大きく困っているなど御座いましたらお気軽にご相談下さい。

お電話でも構いません、ご連絡お待ちしております。

 

============

担当 : 伊藤

電話 : 045-633-1056

Mail : sales@mspjpn.com

============

市場価格について

師走に入り、本格的に冬がやってくる時期となってまいりました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか、代表の伊藤です。

本日は、アルミ価格に関連するお話をさせて頂きます。

一時の暴騰に比べれば、足元のアルミ地金相場は多少落ち着いてきた感があります。

しかし、アルミ地金相場の変動に利用されている「NSPルール」では過去の相場を反映システムのため、来年の3月までは確実に高値で推移致します。

またアルミ合金に利用する添加金属も同様に高騰しており、アルミ価格を押し上げる要因の一つとなっております。

原油価格の高騰は原油由来の製品全般の梱包資材に至るまで、原価上昇圧力となっております。

メーカーからロールマージン(地金以外の価格要素)の値上げ圧力が高まっているのは、こう言う背景があるからです。

また金属加工業界でも、コロナ禍による中小零細企業の廃業を加速させました。

供給能力の低下と相まって、緊急事態宣言明けでの需要増加と、金属価格高騰による発注の前倒しなども重なり、一部の加工分野では設備稼働率が非常に高いレベルを保っております。

政府主導の賃金アップ要請も、更なる値上げ圧力となって市場価格に影響を与えることと思います。

仮に足元の地金価格が下がっても、以前の価格水準に戻ることは無いと思います。


銅地金についても同様の背景があるので、真鍮価格も暫くは高止まりのままと思われます。

参考までに、銅建値の推移は1月4日840円/Kgで始まり、12月6日1120円/kgと、280円/kgも値上がりしております。

アルマイト処理についても、電気代アップ、処理液の高騰で従来比20%コストアップは当たり前という流れです。

ネジについては、台湾メーカーからの共急減による在庫低下で、市場にモノが無いサイズも出始めております。

 

非常に難しい環境の中で、MSPは用途に見合った適切な形状や加工法と品質レベルをご提案させて頂くことにより、少しでもお客様のご負担が低減できないかと考えながら日々の業務に対応しております。

加工先にお困りの際には、アルミ押出し品に限らず、旋盤加工品、マシニング・フライス加工、板金加工様々な加工分野で優れた技術を持つ協力会社様と一緒に、皆様のお役に立てる連携を組んでおりますので是非一声おかけ下さい。

最近多いお問い合わせが「ボール盤やフライスでいい簡易加工をやってもらえる会社が無い」と言う内容です。

MSPには、そういった簡易加工に秀でた協力会社様とも連携しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせをお待ちしております。

参考までに、アルミ地金価格改定ルールの解説を貼り付けておきます。

NSPルールとは

弊社では、地金相場の変動をNSPルール(New Standard Price Rule)という独自のルールを採用し、価格に反映させております。

1年を4分割し3ヶ月単位で地金相場の変動を実勢価格に反映させるという言うものです。

基準となる相場価格は、日本経済新聞に毎月第一月曜日に掲載される、月間平均相場が基準となります。

反映の方法は、月間相場を3ヶ月間平均を一桁を四捨五入し、エキストラで+10円します。

NSP適用期間 相場適用期間
01~03月 09~11月
04~06月 12~02月
07~09月 03~05月
10~12月 06~08月

と言う区切り方になります。

これには、1ヶ月の告知期間を設けると言う意味で、相場適用期間が設定されています。


例> 2022年1月~3月のNSP価格なります。
*取引メーカーによって若干の違いがありますのでご注意下さい。


2021年 09月   377.0 円/kg

2021年 10月   404.5 円/kg

2021年 11月   373.2 円/kg

3ヶ月平均     384.9 円/kg

一の位を四捨五入   380円/kg
エキストラ       10円/kg

2022年1~3月適用価格  390円/kg

と言う風になります。

NSPルールの運用範囲内では、2022年1~3月末まで地金価格の変動はございません。

 

大型ヒートシンク 124CB244

今回は、あまりお目にかかることのない形状「124CB244」に加工を行いました。

1mで24.25kgもあるので、安全な輸送のための梱包など普段以上に気を使いました。

本来ならドヤ顔で加工品の写真をアップしたいのですが、それは許されるはずもなく・・・
断面だけなら問題ないので

 

124CB244 類似品

124CB244 類似品

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社では、標準的な櫛形ヒートシンクの在庫を適宜保有しながら対応させていただいております。

フィン高さ 12、21、30、40

最近お引き合い頂きました例を上げますと
(ご理解頂きやすいように某メーカー様の呼称で表記します)


12BS196

12BS301

20BS146

30BS074

40BS165

 

この様な標準サイズを素に、お客様が設計された形状へと加工致します。

幅詰め、切り欠き、平面精度仕上げ、穴あけ、タップ、タップ強化、通電マスキング、アルマイト、塗装

ヒートシンクの加工を一通りお任せ戴ける体制をとっております。

 

小ロットから対応可能ですので、ヒートシンクでお困りの事があればご連絡下さい。

 

============

担当 : 坪谷

電話 : 045-633-1056

Mail : sales@mspjpn.com

============

 

 

ヒートシンクのコストダウン

引き続き、ヒートシンク関連のお引き合いを多く頂いており感謝申し上げます。

お問い合わせ頂く中での質問で、ザックリまとめると多いのが以下のことです。

 

「どの製法で作るのが安く出来ますか?」

 

ヒートシンクと言っても、形状は様々です。

 

板を曲げただけの放熱板であったり

切削で作り込むような放熱ケースであったり

アルミ押し出し材をカットして穴をあけるだけの櫛形だったり

 

用途によって様々です。

 

回答を、簡単にするならば以下の通りになります。

放熱部の形状が単純で、平面度を極端に要求しないモノと言う前提で

生涯ロットが5,000個を超えるのであれば「アルミダイカスト」にした方が安いです。

 

しかし、コレには落とし穴もあります。

アルミダイカストの標準的な材質である「ADC12」がネックになります。

一口にアルミと言っても、その材質により熱伝導率に大きく差が出ます。

 

参考までに、主要な材質の熱伝導率を確認してみましょう。

(単位:W/m/k)

◯=アルミ板からの切削

◆=アルミ押出し材

▲=アルミダイキャスト材

◎=参考値

 

◯ A5052  138(切削ヒートシンクに多用されている)

◯ A6061  155~184(切削でA5052よりは改善が見込める)

◆ A1050  225(板金物の放熱板に使用)

◆ A6063  209(アルミ押し出し材ヒートシンクに多く利用)

▲ ADC12   92(アルミダイカストのメイン材質)

▲ DMS5   150(アルミダイカスト用高伝導率材質)

▲ HT-1   175(アルミダイカスト用高熱伝導材質)

◎ 金      310 *参考

◎ 銀      420 *参考

◎ 銅       401 *参考

◎ 真鍮    110 *参考

◎ 鉄      50 *参考

ご覧頂いた通り

アルミダイカストに利用するADC12と、アルミ押し出し材に利用するA6063では、2.3倍もの開きがあります。

これは、同じ形状でも放熱性能にその差が反映されるということです。

それを解消するには、アルミダイカストでも熱伝導率の良い材質を選択する必要があるということです。

逆に言えば、ADC12を前提で設計していた部品の小型化も材質変更により可能ということになります。

DMSシリーズやHT-1と言った、純アルミ系のダイカスト用合金は、どのダイカストメーカーでも取り扱っている訳ではありませんし、湯流れの問題などによりそれなりの設計ノウハウを要します。

弊社で、アルミダイカストで放熱性を重視せざるを得ない部品には「HT-1」を推奨しており、取扱実績の中で成形性の面でも確認が取れており、安心して納入できる体制もあります。

また他社ではロット数が1000個以上でないと対応頂けないような案件でも、一定の条件は付きますが、弊社では現場と相談をしながら500個/回レベルでの対応も致しております。

 

とここまで書いておいてなんですが・・・

形状によっては、何万個あってもアルミ押し出し材を切断して使った方が安い場合もあります。

用途や形状、寸法公差など様々な条件を基に総合的に判断し、最適な生産工法の提案をさせて頂きます。

まずは、構想形状の段階で是非ともご相談下さい。

設計が終わってからですと、本来一番安い工法があっても対応できず、高いのモノづくりになってしまう可能性があります。

誰かが損をする安値ではなく、理屈の通る安値を目指し提案させて頂きますので、まずはご連絡下さい。

あらゆる観点から導き出した最適なご提案をさせて頂きます。

本日は、ダイキャストの件をメインにご説明させて頂きました。

アルミ押出し材櫛型ヒートシンクや、大型の切削ヒートシンクについても、放熱部品一筋25年間のベテラン営業マンが対応致します。

放熱関係の部品で、コストダウンでお困りの際には、気軽に問い合わせ下さい。


電話 045-633-1056

FAX 045-633-1051

mail sales<@>mspjpn.com

※お手数ですが、メールの際には@前後の<>を消して送信下さい。

ヒートシンクの小売り

MSPでは、多くのお客様にヒートシンクのお引き合いを頂いております。


その中で、どうしても短納期で必要だと仰られるケースも多く「幅詰めをしてでも作りたい」と言うお声もございます。

また、標準サイズではなく、標準品を利用し幅と高さを調整して利用したいと言うお声もございます。

 

せっかく貴重なお声をお届け頂いておりますので、どうにかお応え出来ないか検討いたしました。

 

そこで、まずは弊社で入手出来て、市場で入手しにくいサイズから少量ですが在庫を持つことに致しました。

高さ12 x 幅196 (12BS196 12F196 相当品)

高さ12 x 幅301 (12BS301 12F301 相当品)

上記サイズで、長さを300mm位に切断し素材で在庫します。

(11月初旬頃には、在庫準備が整う予定です)

※お客様の利便性を考慮し、ネットショップで素材(切断材)のみでもお買い上げ頂ける様に準備を進めてまいります。

 

この切断材から、お客様の設計に応じ

・幅詰め

・高さ調整

・長さ調整

・切り欠き

・取り付け穴&タップ

・表面処理(アルマイト、塗装)

・ネジ強化材(イリサート)挿入

など、二次加工も迅速に対応できる様に致します。

在庫状況によりますが、300mm以上の長さにも柔軟に対応して参りますので、お気軽にお問い合わせ願います。

また他サイズについても少量であれば在庫しており、迅速な対応が可能です。

 

弊社では、使用用途をお伺いし「ボール盤で良い加工は無駄にマシニングセンターを使わない」など、一昔なら当たり前の感覚を持って対応させていただきます。

 

皆様のお困り事を解決する「部品専門技術商社」として、これからもMSP(株式会社エムエスパートナーズ)は、最適な加工法の提案を基礎に、理由のあるコスト低減をご提案申し上げてまいります。

 

お電話でも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

皆様からのお問い合わせをお待ち申し上げております。

 

(お問い合わせ先)
営業担当 : 坪谷・伊藤
HP http://mspjpn.com/
mail sales@mspjpn.com
電話 045-633-1056

第17期スタート

おかげさまで、2020年10月1日(木)より、17期目を迎えることが出来ました。

これもひとえに皆様のご支援とご理解を賜りながら、一歩一歩進ませて頂きましたお陰と感謝申し上げます。

 

2004年4月創業以来一貫して求め続けてきたのは「製造業の役に立ちたい」であります。

多くの町工場に支えられ仕事を覚えさせていただいた恩を、社員共々でお返しできないかと日々追い求めております。

 

「日本の製造業を変える」などという大きなことではなく、日々愚直に「良いモノを作りたい」と努力されている町工場のみなさんと共に歩ませて頂く中で、少しでも「MSPと付き合っていて良かった」といって頂ける仕事をしたいと思っております。

 

MSPのお取引先様は、お買い上げ頂くお客様も、モノを作って頂く町工場も、中小企業がメインです。

ネット社会では、お客様は検索すれば素晴らしい工場をすぐに見つけることが出来る環境にあります。

右から左に流すだけの商社では、邪魔な存在になるだけと強く認識しております。

 

お客様のご要望内容は、年を追うごとにワンストップ調達へと進んでおります。

材料の調達、加工、表面処理、組付けを一社で行える町工場も多く存在しますがあまり多くはありません。

MSPではお客様のご要望に叶う総合的に競争力のある専業メーカー様を選定し、それぞれの工程を担って頂くことで納得頂ける付加価値を創出します。

さらに、専業メーカー様にお任せするとコスト的に合わない工程をMSP社内に取り込むことで、さらなる付加価値を創出する様にしております。

 

これからもMSPは、その社名の由来となった

Multi(マルチ:多様な)

Supply(サプライ:供給)

Partners(パートナーズ:仲間)

に恥じないよう、協力会社様のお力添えを賜りながらとはなりますが、お客様のご要望にお応えすべく精進を重ねて参りますので、引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

代表取締役 伊藤昌良

引き戸や扉を足で開ける部品を販売します

コンビニ冷蔵庫を足で開ける

ステンレス製

コロナ禍で外出自粛要請のなかでも、食料の買い出しの為にコンビニなどには行きます。

その中で、飲み物コーナーの扉を手で開けるのに抵抗を覚える時があります。

そんな時、行儀は悪いのですが「足」で扉を開けれたらな~と思っていました。

ないなら作ってしまえ!の精神で、MSPオリジナルで開発いたしました。

コンパクトで邪魔にならない形状で生産します。

貴店で採用されている冷蔵庫の扉形状により、細部の寸法を変更しないと使えません。概略形状は画像の通りです。

まずは、扉の取っ手側の下角部分の写真を添付し、メールでお問い合わせ下さい。

寸法を確認させて頂き、専用設計にて供給させて頂きます。

価格については、取り付け寸法やご注文個数に応じて変化しますので、お見積させて頂きます。

クレジットカード決済にも対応しておりますし、全国発送で対応させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

本製品の開発&営業担当は、伊藤です。

宜しくお願いいたします。