MSPブログ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お気に入りリンク

タグクラウド

MONOist Rainbow Spin (Seven prismatic colors) アルマイト アルミ地金 NSPルール アルミ地金ジャパン・プレミアム アルミ建材 アルミ押出し形材 インコネル コストダウン提案 コマ大戦土俵 Mobile mini BLACK or WHITE ショットブラスト シリコンゴム シリコーンゴム テクニカルショウヨコハマ2016 バフ研磨 ヒートシンク プレス加工 ホットチャンバー方式ダイカスト マグネシウム マグネシウム合金 ロストワックス 全日本製造業コマ大戦 切削加工 切削条件 営業活動 外観仕上げ 少ロット 少ロットアルミ押出し材 心技隊 押出材ヒートシンク 旋盤加工 染色アルマイト 消失型鋳造法 熱伝導率 真鍮 硬質アルマイト 硬質クロムめっき 箱根駅伝 金属表面処理 鏡面ラッピング加工 開眼!必勝だるまコマ 開運だるまコマ まさる君 電解研磨 黄銅 LME(London Metal Exchange)

* RSS FEED

外観仕上げ部品

アルミ押出形材の二次加工

 

アルミ押出し形材 加工治具

アルミ押し出し形材 加工治具

弊社は、アルミ押し出し形材の小ロット対応をさせて戴くことで、多くの皆様にお引き合いを頂いております。

多くのお客様からは「素材だけでなく二次加工も一緒に対応して欲しい」と言うご要望を戴きます。

MSPとしても、二次加工までお任せ戴ける体制を整えておりますので、その様な要望が有ることは非常に嬉しく、やりがいを感じる仕事となります。

 

 

アルミ押し出し形材の二次加工は、簡易的な加工が多いので
「どこでも出来るでしょ!」 「簡単だから安くて当然!」などと言う
イメージを持たれがちですが、異形材のクランプ(固定)には
少なからずのノウハウが必要となります。


写真の被加工物は非常に簡易的に見える形状で加工内容も
単純ですが、公差的に厳しくアルミ押し出し形材の公差の
バラつきによって加工精度が変わってしまうので、単純に
バイスで固定するだけでは不良率が高くなってしまいます。

そこで専用の固定治具を製作し、NCロータリーテーブルが
搭載されているマシニングセンターで加工を行っております。

四面フライス材などから加工を得意とする加工メーカー様が
見積もると、アルミ押し出し形材の公差のバラつきを理解
されて居ない場合が多く「バイスでクランプしてヤればいいや!」

と言う判断になる場合が多く、非常に安価な見積りを提出される
ケースが多く、見積りが競合した場合には残念ながらコストで

他社へ流れてしまうケースもあります。

しかし後日談を伺うと、精度確保が出来ず歩留まりが悪くなり
結果的に専用治具を作り対応する事となり、結果的に弊社の
提示したコストの方が安かったと言う事例が何回もあります。

アルミ押し出し形材の素材調達をメーカーから直接仕入れる
ことが可能で、二次加工を豊富に手掛け、その道に通じる
協力メーカーとタッグを組むMSPならではの 知見があります。

加工内容によっては、断面形状の見直しを提案させていただき
トータルコストでのコストダウンを実現させて戴いた事例も沢山ございます。


アルミ押し出し形材の素材調達、二次加工のお問い合わせは
アルミ押出形材を得意とするMSPにお任せ下さい。
他社では出せないメリットを提案させて戴ける様、お客様と共に
改善案を探らせて戴きます。

押出材で設計したが、最後にはアルミダイキャストで生産した方が
コスト的に優位だとか、プレス品に変更した方が競争力が有る
と言うケースや・・・

逆にプレスやアルミダイカストで設計したがアルミ押し出し材で
生産した方が優位性が有る!

など、多角的観点での最適な提案をさせて戴きます。

自動車、二輪車、新幹線、油圧、機械装置LED照明関連
弱電部品、装飾部品、ヒートシンクなど、あらゆる業界での
二次加工部品の納入実績が御座います。


皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

(お問い合わせ先) 
営業担当 : 伊藤・坪谷(ツボヤ)
HP http://mspjpn.com/ 
mail sales@mspjpn  
電話 045-633-1056 
FAX 045-633-1051

少量なら社内で磨きます

アルミ押し出し形材 研磨仕上げ

アルミ押出し形材 バフ仕上げ


アルミ材部品で、外観を綺麗に仕上げたいと仰るのであれば当社内でピカピカに磨いてしまいます!

バフ処理を専門業者様に依頼してしまうと、切削加工後の横持ち運賃だけでも馬鹿になりません。
当社では、少量であれば社内作業で丁寧に手磨きさせて戴いております。

鏡面にまでは仕上げられませんが、顔が映り込む程度なら対応可能な研磨キットで対応します。

自社で作業する事によりレベル確認が出来ると言う利点もあり、量産移行後に処理メーカーへの的確な指示が可能となる為、お客様より許される事ならば対応しています。
綺麗に仕上げたアルミ部品を生地で使用する例は少なく、この後に化研アルマイトでより光沢を出す処理を行ったりします。

極稀にクリアラッカースプレーを吹いて欲しいと言うご要望もありますが、外観の保証をしないという前提でなら、その様なご要望にもお応えしております。

量産移行の場合には、取り扱いの丁寧な切削加工メーカー・バフ職人・ショットブラスト職人・意匠性アルマイトが得意なメーカー・意匠品が得意な塗装メーカーなど、多彩な協力会社をネットワーク化し、ワンストップにて最適な価格を実現してまいります。



右から左に動かすだけでなく、しっかりと自社の担うべきポジションで手を動かす事で、更なる技術知識の習得に努めて参りたいと思います。


アルミ押し出し材の試作品製作や、アルミへのバフ処理、クロムメッキ処理 などでお困りな場合には是非ともお声がけ下さい。
素材調達、切削加工から表面処理までMSPワンストップサプライシステム をご活用願います。


皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

(お問い合わせ先) 
放熱関係営業担当 : 坪谷(ツボヤ) ・伊藤
HP http://mspjpn.com/ 
mail sales@mspjpn  
電話 045-633-1056 
FAX 045-633-1051

社内での作業実績があります

MSPは、オリジナルで開発した専用機を用いて簡易的な社内加工も行っております。
(専用機は、ノウハウ満載なので写真にモザイクを掛けております)

社内加工専用機

 

お客様のご要求に応じて、専用の検査装置を開発し15,000個/日の選別を行える装置を開発し社内で作業した実績もございます。(月間30万個で対応)

また、年間4000セット受注させて戴いている部品点数が14点の組み立て、最終パッケージまでお任せ戴き社内で作業させて戴いている商品もございます。

なぜ商社がこの様な事を行うかと言いますと、最適なコストを追求し受注にこだわった結果です。
社内作業費用をどう考えるかにはよりますが、専門メーカー様に依頼するとコストが合わない引合いでも、社内で行えば損益分岐ギリギリなら トータルコストの中で考えることが出来ます。
社内に取り込む事で、協力メーカーへ仕事を依頼できる様にする事も、大切なMSPの役割だと思っております。

その考え方がベースとなり、MSPオリジナル商品も手掛けることが出来ております。

どんな事にでも対応出来るわけではありませんし、加工メーカーに協力を戴きながらではありますが、右から左に流すだけの流通業ではない、役割を担える加工部品専門技術商社を目指しております。

 

オリジナル商品

MSPのオリジナル商品の中でも、一番売れているのは

「コマ大戦土俵 Mobile mini BLACK or WHITE」です。

これは、コマ大戦WEBショップで売っている、レプリカコマを

「いつでもどこでも気軽に回せる」をコンセプトに開発した商品です。

コマ大戦の公式土俵はR700ですが、Mobilemini土俵はR500

に仕上げています。
Rを変更した理由は、R700では、なかなかコマが近づかず

対戦する時に面白みがない。

かと言って、R500以下にしたらコマの土俵への接触面が土俵の

斜面に触れてしまい、遠心力も加わって外側へと回転しながら

振り出されてしまう為です。

R500に決める為に、R300~700の5種類で試作を行い

実際に回転させてテストして決定しました。

 

その他にも、必勝ダルマこまシリーズに、LEDでひかるコマなど

コマ対戦WEBショップで絶賛発売中です。

MSPが発売している以外のコマも、沢山ありますので一度ご覧

戴ければと思います。

 

全日本製造業コマ大戦公式WEBショップ

 

 

ラッピング加工

光る技術を持つ協力メーカーを紹介させて戴きます。

「ラッピン加工」と言う技術をご存知でしょうか?
鏡面研磨加工を施す技術です。

ラッピング加工とは、ラップ定盤と呼ばれる平面の台上に工作物を置き

ラップ定盤と工作物下面間に、砥粒としてラップ剤(ダイヤモンドスラリー)

を挟み、工作物に上から圧力を加え摺動させて行う研磨方法です。

そのため、高性能な加工面、寸法が得られます。

研磨加工時はワークを痛めないように柔らかく保持すると同時に

ワークが回転する研磨皿によって飛ばされないようにするという

微妙な力加減が必要になります。

協力メーカーでは、工夫した押さえパットを使った研磨加工を

考案しています。

加工寸法は、Φ320相当までとなります。

ガラス製品、セラミックス製品、金属系、プラスチック系、シリコン

カ-ボン製品などの成形(球体、円筒、角度出し)、研磨加工が

得意です。

 

ソーラーパネル、セラミック基板、カーボンパネル、石英ウェハー

カーボンウェハー、シリコンパネル、ガラス製品、セラミック製品など

硬度が高く、薄い材料と言う難易度の高い研磨作業に挑戦しております。

是非とも、気軽に問い合わせ下さい。

 

電話 045-633-1056 
FAX 045-633-1051
mail sales<@>mspjpn.com 
※お手数ですが、メールの際には@前後の<>を消して送信下さい。

外観部品

 

 

 

 

 

 

弊社では、高級オーディオ向け部品、美容関係の部品から高級店舗内装用などの部品を供給させて戴いております。

写真の部品は、Ry1.6仕上げでご要求を戴き、旋盤加工のみで仕上加工を行いました。
女性に大人気の某有名ブランド店でご使用戴く部品になります。
最終の表面処理はお客様の方でお手配されるとの事で、今回は生地品での納入となりました。

外観部品に対する管理ノウハウを駆使し、外観重要部品の加工対応可能な協力会社とアライアンスを組んでおり、素材調達から切削加工に、ショットブラスト処理後に、染色アルマイトを施し、シルク印刷、そして組立作業後のパッケージまで対応可能です。

調色が必要な指定色など、非常にデリケートな要求にも迅速にお応え出来るネットワークを構築しております。

超外観部品を少量生産から、月間数万個の超量産までを一貫して対応させて戴く事も可能です。

お問い合わせをお待ちしております。

電話 045-633-1056 
FAX 045-633-1051
mail sales<@>mspjpn.com 
※お手数ですが、メールの際には@前後の<>を消して送信下さい。